家庭用脱毛器のおすすめランキング|全身脱毛やVIO・顔脱毛など効果の評判が良くてコスパが高いのは?ケノンや脱毛ラボなど脱毛器の口コミや比較も

人気の家庭用脱毛器について、機能の良さやコスパの高さなどからおすすめを3選をまとめました。

1位 脱毛ラボホームエディション

脱毛ラボホームエディション/新規顧客初回購入
メリット

高い脱毛パワーと貴重な冷却機能
VIOや顔にも使える

デメリット

値段は高め
1回の照射面積はケノンより狭い

おすすめ度
製品名 脱毛ラボホームエディション
値段(税込) 71,478円
脱毛方式 フラッシュ
脱毛パワー 脱毛サロンと同じ1照射10ジュール
冷却機能
連射機能 1秒毎、短時間のチャージで連続使用可能
全身脱毛完了の目安 15分
使用部位 全身(顔、VIO含む)
照射面積 4.2cm2 (1.36×3.06)
公式サイト elabo-shop.jp/shop/pages/dl001.aspx

脱毛サロンが考案した脱毛器
冷却機能や連射機能が高性能
値段は安くないが、冷却しながら脱毛する手間が省け、1回の全身脱毛の完了目安が15分と圧倒的に脱毛効率が良い。効果の口コミも悪くない

詳細ページを見る公式サイトを見る

2位 ケノン

ケノン新型2019
メリット

圧倒的な知名度
照射面積が広い

デメリット

連射は6連射まで
VIOの「I」「O」は推奨されてない

おすすめ度
製品名 ケノン
値段(税込) 69,800円
脱毛方式 フラッシュ
脱毛パワー ケノン専用コンデンサー4個搭載
冷却機能 なし
連射機能 6連射まで、要チャージ時間
全身脱毛完了の目安 1〜2時間程度
使用部位 全身(顔一部、VIO一部除く)
照射面積 9.25cm2 (3.7×2.5) (エクストララージ)
公式サイト https://xn--rckyc9e.com/

知名度が高い家庭用脱毛器
1回の照射面積が広くて使いやすい
効果の評判も悪くないが、チャージ時間や冷やしながらの脱毛が手間と感じるなら脱毛ラボの方が楽

詳細ページを見る公式サイトを見る

3位 トリア

メリット

家庭用で唯一と言えるレーザー式
高機能脱毛器の中では安い方

デメリット

照射面積が狭い
痛みがやや強め

おすすめ度
製品名 トリア
値段(税込) 40,530円
脱毛方式 レーザー
冷却機能 なし
連射機能 トリア4xなら充電時間内30分、連続で使用可
全身脱毛完了の目安 数日
使用部位 全身(顔の鼻から上、IO除く)
照射面積 1cm2
公式サイト https://www.triabeauty.co.jp/

家庭用では貴重なレーザー式で高い効果が期待できる
値段が安く返金保証もある
レーザー式のため痛みがやや強い、照射面積が狭くフル充電でも30分程度の稼働であるため、全身脱毛をするのはやや手間

詳細ページを見る公式サイトを見る

その他の人気の家庭用脱毛器

製品名 値段(税込) 特徴
ヤーマン レイボーテR 97,900円 赤色美肌LEDヘッドが新搭載。値段はやや高め。
フォトEPC 74,800円 ドクターシーラボのエステが独自開発した脱毛&フォト美顔器

おすすめ3選の比較

脱毛ラボ ケノン トリア
値段(税込) 71,478円 69,800円 40,530円
脱毛方式 フラッシュ フラッシュ レーザー
痛みの目安 控えめ 控えめ やや強い
冷却機能 なし なし
連射機能 1秒毎、短時間のチャージで連続使用可能 6連射まで、要チャージ時間 充電時間内30分、連続で使用可
全身脱毛完了の目安 15分 1〜2時間程度 数日
使用部位 全身 全身(顔一部、VIO一部除く) 全身(顔の鼻から上、IO除く)
照射面積 4.2cm2 9.25cm2 1cm2

おすすめ第1位は「脱毛ラボ」です。機能性が高く、顔やVIOも含め全身の部位に使えるメリットがあります

脱毛ラボの照射面積は狭い?

照射面積はケノンほどはありませんが、冷却機能と高い連射機能により全身脱毛が最短15分という脱毛効率の良さがあり、安くないものの値段に見合う価値がある脱毛器と言えます。

なお、毎年5月は夏シーズンを控え家庭用脱毛器の注文が急激に増えてくる期間となります。

今年はコロナ禍の自宅時間増加も重なるため、早いうちに在庫の確保をしておくのがおすすめです。

\在庫があるうちに/
脱毛ラボ 公式サイト

※公式サイトにて1年間の無償交換期間があります。


スポンサーリンク

脱毛ラボホームエディション/新規顧客初回購入